Noguchi Global life

top eis

バイオ・インピーダンスE.I.S.測定装置の歴史

eis09EIS(生体電気インピーダンス測定装置:Bio-Electrical Impedance )の歴史は、1970年代にロシア(旧ソ連)連邦宇宙局(Roscosmos)が、宇宙飛行士の健康管理の目的で研究が進められたのがはじまりと言われています。

宇宙飛行士が宇宙に長期間滞在すると無重力の影響で運動量が減少し、体液の移動、循環血液量の減少、骨量の減少、筋肉量の低下など様々な生理学的変化が引き起こされ健康管理面で深刻な問題が発生しました。その対策の1つとして生体各部の生体電気インピーダンス法(Bio-electrical Impedance Analysis:BIA法)が用いられロシアで研究開発されました。
しかし、1991年に、ソビエト連邦が解体され崩壊した時点で、この技術は、フランスとドイツに流れ、フランスのMEDI.LD社(Dr.アルバート・マーレク博士)によって、研究開発が進められ、生体電気インピーダンス測定装置「DDFAO」が発明され誕生しました。

bisその後 DDFAO は、さまざまな症例研究を経てさらなる進化を遂げて「EIS-BF」に生まれ変わり、2007年1月にMEDI. LD社からアルバート・マーレク博士が設立した米国フロリダ州マイアミのLD TECHNOLOGY社に特許と権利が移管されました。

さらに、米国フロリダ州マイアミ大のジャクソン記念病院(Jackson Memorial Hospital Miami USA. )にて、さらなる共同研究が進められ飛躍的な進化を遂げ、「ES-TECK」が発明されました。


今後、当社は財団法人健康医学協会(理事長:大坪修先生)との業務提携に伴い、バイオテクノロジーのイノベーションを推進していく計画です。

jmh   Botkin
マイアミ大学医学部付属ジャクソン記念病院          ロシア ポトキン病院